• クリニックで行うかんぱん治療

    かんぱんはシミの一種ですが、一般的なシミが紫外線の影響によるものであることに対し、かんぱんができる原因は女性ホルモンの乱れです。


    そのため、ホルモンバランスが不安定になる30~40代の女性に多く見られます。



    かんぱんは、頬の上の方にハケで塗ったようなシミが左右対称にできるのが特徴ですが、人によっては鼻の下や額に出る場合もあります。

    美容皮膚科などで行うシミの治療には、レーザー治療、フォトフェイシャル、美白外用剤、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入などがあります。



    紫外線によるダメージが原因のシミには、レーザー治療は効果的ですが、かんぱん治療ではレーザー治療は適していません。
    レーザー治療を受けることで、逆に症状が悪化する場合もあるため、注意が必要です。
    一般的に行われるかんぱん治療では、トラネキサム酸という内服薬が使われます。

    トラネキサム酸は、色素沈着を防ぐ効果があり、かんぱんに効果的に働きます。それに加え、ビタミンCやハイドロキノンなどの美白外用剤を用いることもあります。
    トラネキサム酸を数カ月服用すると、効果を実感する人が多いものの、すべての人のかんぱんに効果を発揮するわけではありません。



    そのため、1~2ヶ月服用しても変化が感じられない場合は、別のかんぱん治療を検討する必要があります。


    かんぱんに効果のある漢方薬もあるので、興味がある人は漢方薬を処方してくれる医師に相談しても良いでしょう。