• かんぱん治療に必要なこと

    かんぱん治療に必要なことは他のシミとどう違うかの見極めです。

    というのもかんぱん(肝斑)はホルモンと関係があるとされています。最も多く発症するのは30~40歳代で、妊娠や出産とも関わりがあります。



    現に50歳代後半になると症状が軽くなる人もいます。



    かんぱん治療はレーザー治療が向いていませんから、治療方法は限られてきます。

    内服薬と塗り薬で治療方針を決めていきます。



    代表的な内服薬であるトラネキサム酸は直接女性ホルモンには影響しません。


    むしろシミのもとに有効な成分をダイレクトに届けるものです。そのことによって色素沈着の抑制効果が期待できるのです。

    毎日内服薬を服用するとして、2カ月が効果の目安ともいわれています。
    また、塗り薬もハイドロキノンはシミの予防としても役立ち、既に出来てしまっているシミにとても優れた働きをしてくれます。ただ、一般の薬局や通販にはあまり出回っていないのが残念です。


    そうなると化粧品にも配合されているトラネキサム酸が活躍してくれます。
    かんぱん治療とともに改善薬としての役割が大きいといえます。


    皮膚科であれば、ビタミンCやハイドロキノンなどを組み合わせて処方されることもあります。

    これはメラニンを抑え美白外用剤を混ぜることでより効果の高い治療を目的としているのです。かんぱん治療で見落としてはいけないのが、紫外線対策です。


    例えかんぱんが治ったとしても、紫外線を浴びると再発してしますからです。
    真夏だけでなく紫外線がありそうな日は日焼け止めを塗る方が安心です。

    かんぱんに限らず他のシミであっても、基本的にはオールシーズンの準備とケアが必要なのです。