• かんぱん治療は慎重に

    ホルモンバランスが原因で発生すると言われるのがかんぱんです。

    目の周りや頬などに左右対称にできる薄ぼんやりとしたシミがかんぱんです。
    かんぱん治療は通常のシミのそれとは異なります。
    簡単にレーザーで焼いて処理できないという問題があります。


    かんぱんはシミの中でも非常にデリケートです。


    ホルモンバランスが刺激となってできる、非常にデリケートなシミなので、レーザーで焼くのは言語道断です。



    刺激がかなり強すぎて症状が悪化する可能性が高いからです。


    それではかんぱん治療は諦めるしかないのでしょうか。


    そんなことはありません。

    内服薬での治療という選択肢があります。

    かんぱん治療で用いられるのがトラネキサム酸です。歯科で止血剤として処方されることもあるように、長期間の連続使用は血栓ができる可能性が高いのでNGですが、医師の診断の下で正しく服用することで、今あるかんぱんの進行をストップできます。今あるかんぱんのシミもきれいにしたいというなら、かんぱんというデリケートなシミでも大丈夫なマイルドなレーザーを使った治療法を選ぶといいでしょう。



    従来のレーザーは照射部の中心が最もエネルギーが高くそこから離れると低くなるという種類でしたが、照射部全体に均一にマイルドに降り注ぐレーザーが登場、刺激に弱いかんぱんでも安心して受けられる治療法です。



    かんぱんでお悩みなら、美容皮膚科に相談するといいでしょう。
    自分に最適な方法を提案してもらえます。