歯科は普通の医院に比べますと、使われる薬剤はそれほど多くはありません。
ですから、ある程度自分が処方されている薬剤について知ることは可能です。また、自分が飲んでいる薬について理解しておくことは自分の身体を守るという意味でも必要なことです。

歯科で最も使われる頻度が高いのは消炎鎮痛薬です。


一般には「痛み止め」などと呼ばれていますが、幾つかの種類があります。具体的な名前を書きますとボルタレンやロキソニンが有名です。これらの消炎鎮痛薬の特徴は効能がさほど強くないことです。


反対にいいますと、薬を飲んだからといって劇的に痛みがなくなることはありません。
ですから、飲みすぎる人がたまにいますが、飲みすぎは副作用を起こします。
大切なことは医師の指示に従ってきちんと飲むことが大切です。

次に歯科で使われる頻度が高い薬剤は抗菌薬です。

以前は抗生物質と呼ばれていましたが、この薬は体内の最近の繁殖を抑え感染症を治す効能ががあります。


この薬で注意することは中途半端な飲み方をしないことです。
中途半端な飲み方は逆に耐性菌を作りやすくするといわれています。次に使われる頻度が高い薬は止血剤です。治療の際に歯茎から出血することがありますのでその際に使う薬ですが、実際は歯の治療で出血する程度の場合は止血剤を使うほどでもないのが実情です。

しかし、患者の精神的な不安を除くために使われることが多いようです。

そのほかには胃腸薬などもありますが、これは消炎鎮痛剤を飲んだときに胃腸に潰瘍を起こすことがありますので、そうした事態に備えて消炎鎮痛剤を飲むときに一緒に飲むものです。

http://happylifestyle.com/11214
https://www.facebook.com/lasik.nagoya
http://www.koshimizu.or.jp/

渋谷の痩身治療の情報を探すならこちらです。

動脈瘤に関する情報が幅広く集まります。

幅広い分野の視点から鼻から入れる胃カメラの検査の有益情報にあふれているサイトです。

詳しく知りたいインプラントの費用に関する詳細はこちらです。